ヨガ・シャラ札幌"たか"の読むヨガ

札幌のヨガ瞑想インストラクター細江たかゆきのブログ

人差し指のメッセージ

f:id:yogashala-taka:20171021230545j:plain

リアルアウトレイジ!

料理中に人差し指を詰めてしまいました。わが家のシャラ君も心配そう。

 

f:id:yogashala-taka:20171021225919p:plain

しかし、ヨギはこんなことではへこたれません。
「この世の中のことに偶然はなく、全て必然。起きることには全て意味がある」のが古から続くヨガの大事な教え。
そこで、今回は「ヨギだったら指を切ったことにも意味を見出してみよう!」という、とても負けず嫌いな記事です。

 

ヨガ科学によると、指先は経絡(エネルギーの通り道)の出入口です。手の人差し指から流れるのは「大腸経」。当然大腸に影響を及ぼすと同時に、心にも作用します。
陰ヨガの第一人者サラ・パワーズ著「Insight Yoga」によると、大腸経のエネルギーは「勇気および畏敬の念とつながり、瞬間瞬間を貴重なものとして経験し、経験していることを受け入れる能力とつながって」いるそうです。

 

なかなか、素敵なメッセージじゃないですか?今の僕にはとても重要なテーマです。指を怪我しなければ、おそらくこのメッセージにふれることもなかったでしょう。
やはり、偶然はないのですね。

 

なんでもかんでも都合のいいように解釈しすぎですか?
いいんです!どんなシチュエーションでも心を楽にすることができるのがヨガの教えなのですから…。