ヨガ・シャラ札幌"たか"の読むヨガ

札幌のヨガ瞑想インストラクター細江たかゆきのブログ

「ヨガの教え」 自律神経を整える!

f:id:yogashala-taka:20171004220902j:plain

TUTAYA de頭立ち「ピサの斜塔」バージョン

 

 

4年前のある日、本屋さんで、あるお医者さんが書いた本のタイトルが目にとまり、立ち読み。
「これって、ヨガの教えそのまんまじゃん!」
その本のタイトルは『自律神経を整える「あきらめる」健康法』

 

自律神経を整える 「あきらめる」健康法 (角川oneテーマ21)

順天堂大学医学部教授である著書によると、「嫉妬、怒り、憎しみなどのネガティブな感情が自律神経のバランスを大きく乱す」ことが医学的にはっきりと計測されたそうです。
嫉妬、怒りや愚痴などのネガティブな言葉を発している時に、その人の自律神経は一気に乱れ、血管は収縮し、血液がドロドロに。
内臓機能が低下し、ホルモンバランスが崩れ、肌や髪のみずみずしさもどんどん失われていくそうな!

じゃ、どうしたらいいの?
ネガティブな感情を「あきらめる」んです!!

 

 

 

サントーシャ

 

「あきらめる」というのは、ちょっと聞こえが悪いですね。
僕の大好きなヨガの教えにサントーシャというものがあります。
サントーシャとは「足るを知る」
「あきらめる」ことは「足るを知る」ことだと思います。
サントーシャは自律神経を整えます。身体と心を整えます。

 

 

この本の「目次」の中の"見出し"を少しご紹介しますね。
・「あきらめる」と病気が逃げていく
・「あきらめる」と精神的な安定が得られる
・「あきらめる」と人間関係はたちまちうまくいく
・「あきらめる勇気」があれば、心身ともに若返る
などなど…。

 

どうです?ちょっと気になりますよね!?
では、どのように「あきらめる」といいのでしょうね?

 

次回はこの本の中身をちょっとだけご紹介して、サントーシャについて、もう少し書かせていただきますね!